kazupapaの気まぐれ日記!?

kazupapa7.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 16日

モノクロで~♪

自分の子供の時のスナップといえばモノクロの時代!
男兄弟4人の末っ子というと兄と一緒に撮った写真は、全て兄に取られてしまいほとんど残っていない・・・だから養子なのかも???
うちも子供が2人居るが、最初の子はたくさん撮っているのに後の子はほとんど撮っていない(^_^;
うちのプログに登録しているこっこさんがモノクロの事を書いていたのでチョウで少し遊んでみた。
夏場の色鮮やかなチョウは、パッとしないが裏面の地味な越冬するようなチョウは趣がある。
また、セセリなども止まり方が面白いので割りと綺麗なのでは(^0^)
「こっこさん」ネタ貰っちゃったm(_ _)m
b0071982_2114827.jpg

b0071982_21142628.jpg
「ムラサキシジミ」
b0071982_21172087.jpg

b0071982_21174014.jpg
「キマダラセセリ」

遊んでみると意外と面白いかも!!!

PS.
・午後から兄の入院している病院へ行ってみた。1週間ばかりの入院で少しやつれたようであるが腹からの管も取り除かれだいぶ楽になったようだ。大事をとってあと1週間ばかり入院するようであるが・・・皆さんもアッペ(虫垂炎)を軽く見ないように下手すると死にますよ!
・病院からの帰りにヤマダ・コジマ電気をハシゴ・・・ついに決断か???
しっかり一眼デジのことも言っておいたが今度こそ他のものを買う時に買ってくれそうだ(^_^;
買うまでは我慢・我慢・・・多分C社のKNだろうけれどWズームどうだろう?
[PR]

# by kazupapa766 | 2006-04-16 21:27 | | Comments(2)
2006年 04月 15日

似ているもの

雨&仕事で外にも出れず撮りおきから・・・(^_^;
カメラを持って撮りまわっていると迷う花が多い!
蛾などは後の同定も考えてスルー、小さな昆虫なども同じようにしているが・・・
目立つ花はそうも行かない(^_^;
そこで今の時期に間違えやすい花、昨年は何もわからずネットで聞きまくり、ポケット図鑑で調べまくりだった。そんな花を少し紹介して見ます。
b0071982_83784.jpg
左上:「ホトケノザ」シソ科・・・道端、田んぼなどいたるところで見ます。
右上:「ヒメオドリコソウ」シソ科・・・ヨーロッパ原産の帰化植物
左下:「オドリコソウ」シソ科・・・山野の木陰で見られます。
右下:「ツルオドリコソウ」シソ科・・・昨年、新宿御苑で見たのだけど園芸種???
b0071982_8422674.jpg

左:「キランソウ」シソ科
中:「カキドオシ」シソ科
右:「ムラサキサギゴケ」ゴマノハグサ科

スミレなどはトンとわからず、花・葉の表裏・花の側面など撮れるだけ撮って後で苦労しています。
[PR]

# by kazupapa766 | 2006-04-15 08:32 | 花・植物 | Comments(2)
2006年 04月 12日

高縄山(986m)

久しぶりに晴れ間が・・・というよりも
昨年4/10にスミレ類をたくさん見かけたので昨年とデジカメを変わったし撮ってみようと思い出かけた。
b0071982_8355236.jpg
風が強かったせいで雲が飛ぶように流れていた!
画像は、自分の住んでる旧北条市、西瀬戸の来島大橋なども見ることができた。
b0071982_8395361.jpg
山に上がる前にお気に入りの池をチェックすると、まだ水も入っておらず秋のトンボ天国が今年は見られるのか少し不安になったが・・・今季初のトンボを見ることが出来た。
「ホソミオツネントンボ♂」
越冬色の褐色から変色してブルーの綺麗な個体になっていた。
b0071982_8571911.jpg
山に上がる途中、アオテンナンショウ(マムシグサの仲間)も見かけたが、少し花には早いようだ。
ナガバノタチツボスミレが咲いているのが少ないと気にしながら上に上がっていく。
画像左上から「シャガ」見ての通りアヤメ科・「シロモジ」・清楚な名前の「ヒトリシズカ」左下から「ヤマルリソウ」「カキドオシ」「ネコノメソウ」他に「ジュウニヒトエ」なども見られた。
肝心のスミレ類であるが、まだ時期が少し早いようで見られたのはエイザンスミレ、シハイスミレ、フイリナガバノスミレサイシン、タチツボスミレの4種であった。昨年見たヒナスミレはまだ見つけられなかった。あと1週間~10日位すればいい状態になるのでは!!!
b0071982_9183033.jpg

左上から「エイザンスミレ」葉っぱがヨモギのような形が特徴・「シハイスミレ」左下「フイリナガバノスミレサイシン」「タチツボスミレ」
b0071982_9241893.jpg

高縄山からの下山は、立岩側へ降りてみた。いつもの蝶ポイントに行くとカメラを持つ手にまとわりつく1匹の蝶・・・反対側に移ってももらい記念撮影!!!
「ミヤマセセリの手乗り」

*来週、また行ってみよう・・・今度はもっと綺麗なスミレが撮れるかも(^0^)
*画像をクリックすると大きくなるようにしています。
[PR]

# by kazupapa766 | 2006-04-12 23:00 | 花・植物 | Comments(5)
2006年 04月 11日

ミヤマセセリ・スジグロチョウ

雨が上がったので近所周りをしてみた。
とりあえず、庭のボケ・モミジの花も撮ってみたが、畑のソラマメの周りでモンシロチョウが飛ぶのを見て出撃!
b0071982_1315132.jpg
「ミヤマセセリ」
春しか見られない蝶である。手に乗せてみたのであるが、シャッターを切る前に跳んで行ってしまった(>_<)
b0071982_13173630.jpg
「スジグロチョウ」スジグロシロチョウという。
モンシロチョウと同じように食草はアブラナ科、年数回の発生
b0071982_1319933.jpg
「ヒメナガメ」
カメムシは、匂いがダメだが、被写体的には綺麗なものが多く感じる(^_^;
[PR]

# by kazupapa766 | 2006-04-11 13:21 | | Comments(5)
2006年 04月 10日

日曜の午後

午前中にエヒメアヤメを観察に行った後、午後からも娘と2人だったので近くの海まで遊びに行きました。
海岸線の公園では、桜の下で花見の宴が酣でしたが、娘と砂浜に降りてみました。
b0071982_244813.jpg
「ハマエンドウ」
これからゴールデンウイーク頃まで楽しめます。
b0071982_263478.jpg
「コウボウムギ」
弘法大師の筆の形に似ているという事でこんな名前が・・・今が見頃です。
b0071982_28309.jpg
「オオキバナカタバミ」
南アフリカ原産の外来種ですが、今の時期によく見られます。

海岸線では、ヒドリガモ・カモメなどが遊んでいました・・・
娘とは波打ち際を「桜貝」を見つけて遊んでいました。

PS.
・夕方に実家より電話が、兄が盲腸で入院したとか?前日に救急病院に行って手術を勧められたのに散らしてほしいと言って帰ってきていたのに、その夜に痛くなって病院に行って即手術だったそうです。うちを家族で盲腸を切ったものが居なかったので軽く見ていたようです(^_^;
遅くなった分、3日くらいの入院が10日になってお腹から管まで出ています。
・うちの義母は、朝から岩国の錦帯橋に行っていたのですが、2kmの道程で2時間かかったとか?近所の散策が一番良かったようです(^0^)
[PR]

# by kazupapa766 | 2006-04-10 23:00 | 花・植物 | Comments(4)