2007年 12月 06日

チャマダラセセリのお話

自分が高校時代は、石手川ダムの上流に行けば少なからず採集できた。

今から数十年前の話である。

b0071982_1482698.jpg


かつては、松山市近郊の伊台・奥道後あたりで見られたそうです。

ところが、食草であるキジムシロなど育つ環境が失われ、保護の甲斐も無く絶滅したかも?

寂しい話です。
b0071982_14124265.jpg

クリックすれば大きくなります。
[PR]

by kazupapa766 | 2007-12-06 14:13 | | Comments(7)
Commented by eeko2525 at 2007-12-07 10:42
おはようございま~す(●^▽^●)♪
セセリの羽の広げたところは余り見かけないので、このチャマダラセセリなんて子供の頃から見てるか見て無いか分かりませんが~今、愛媛に生息している蝶やトンボを大事にしたいですねぇ~^^;
色々資料をありがとうございます~m(__)m
Commented by のさんぽ at 2007-12-08 00:15 x
淋しいですね~・・保護が遅かったなんて・・。この記事の写真が最後のチャマダラセセリにならないことを心より願っています。でも、環境の整備を続けておくこと。。ということ、本当に大事なんだなと思わされました。
Commented by kazupapa766 at 2007-12-08 02:27
eekoさん
セセリでも閉じているところを撮る方が難しい種類があります。
高校時代は、狙っていけば採れたのですけどね(>_<)
Commented by kazupapa766 at 2007-12-08 02:28
のさんぽさん
この写真は、2003年のものかもしれません。
生息地に入る道は、チェーンをしていました・・・
シキビ畑の中で保護をしていたはずなのです(>_<)
Commented by みんみんちょう at 2007-12-11 19:57 x
絶滅ですか、残念です。私の持っている資料では、2000年までは記録がありますが、2002年は無いです。
松山でも一番奥ですからね、環境を整備し続ければ、
復活するかも知れません。
このチョウは草地でも、土が露出した様な、草丈の低い、
場所を好むので、草刈りと同時に抜根等を行うと、
良いかも知れません。
Commented by kazupapa766 at 2007-12-12 15:49
みんみんちょうさん
今から30年くらい前ならいくらでも採れたのですけど・・・
杉・檜の植林、除草剤など環境は年々変わってきてます。
地元でチョウ・トンボを探すのも周りの環境を見定めてから探す状態です。
Commented by 浅間の煙 at 2014-11-10 17:39 x
投稿サイトでご教示頂きました。山崎です。
チャマダラセセリが2004年以降発見されないと伺ってましたが、この頃から危惧されていたのですね。
今は亡き知人がHPで掲載しているチャマダラセセリが湯山の個体であると聞いたのが2009年、その時点で既にもう松山には居ないとおっしゃってました。
彼のHP掲載の個体は撮影日からすると、既に湯山でかなり個体数が減っていた時期と見られますが、貴重な写真だと思います。

HP 「群馬の蝶」の群馬県以外の蝶のページ

私も故郷では石手川流域で育ちましたので、そんな話を聞いて懐かしく思ったものでした。
浅間山麓の嬬恋村でも10数年前まで居たらしく、写真を撮った方もおられたのですが、場所を告げずに他界してその後は場所が分からないらしいです。
その話を聞いて何度かフィールドを探しましたが、見付かりませんでした。(笑)
木曽では1度観察した事がありますが、可愛い蝶でとても好きな種です。


<< 今日は誕生日      現行通貨 >>