2013年 09月 29日

キョウチクトウスズメ

先日のカバマダラ撮影の際に、見慣れないスズメガの幼虫

知り合いの掲示板で名前を教えてもらいました。

カバマダラだけであれば、どこかのように放蝶などいうこともあるでしょうが、蛾となると話は別のような気がします。

b0071982_056560.jpg
b0071982_0561544.jpg
キョウチクトウスズメ幼虫

主に九州以南の沖縄を含む離島にいるとか?
10cm以上の幼虫は、圧巻でした。
[PR]

by kazupapa766 | 2013-09-29 00:36 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by つばさ2号 at 2013-10-01 20:53 x
こんばんは カバマダラはこちらでも風船のできる園芸植物に
発生して、やや遠い場所らしいですが蝶ブロガーの方々は撮りに
行かれたようです。

キョウチクトウスズメの目玉模様はほんとトロピカルですね!
褐色型の写真は初めて見ました。
しかしカバマダラもですが、猛毒の植物を食べる虫の不思議さ
には驚きますね!

猪と鹿、こちらは農地が電気柵やワイヤーで囲われた場所が
多く、撮影できる里山が無くなっています。
Commented by kazupapa766 at 2013-10-01 22:40
つばさ2号さん、こんばんは
カバマダラは、和歌山ではフウセントウワタに発生したようです。
キョウチクトウスズメですが、県内でも発生は珍しく専門家の方には連絡いれました。
イノシシですが、夜な夜な徘徊しています。犬の散歩で今話題のマダニも付着するので長袖は絶対です(^_^)
電柵ですが、お尻から入ったり、下を掘ったり敵もさるもので効果があまりありません。


<< 気温も下がり      イノシシの、、 >>