kazupapaの気まぐれ日記!?

kazupapa7.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 09日

オオキトンボ

今の時期、うちの地域ではオオキトンボの連産が沢山見られます。

環境省絶滅危惧種一類になっていますが、オオキのエリアに行くと他のアカネが撮りたい衝動に駆られます。

この日もキトンボを見つけて追いかけまわしていたのに結局1枚も撮らないまま逃げられた方が残念です。

沢山いるので、数打てばピントの合った写真はいくらでも撮れるでしょう。

トンボの翅を止まって見せるには、1/1000以上のSSが必要だと思っていますが、少し作成例をあげてみます。
b0071982_1725100.jpg
トンボ自体沢山見られるので、晴れれば沢山見られます。(SS1/640)
b0071982_176545.jpg
(SS 1/1000)
b0071982_1782370.jpg
(SS 1/2000)
光の具合によってシャッタースピードが同じでも感じが違って撮ることが出来ます。
b0071982_17105234.jpg
b0071982_1711359.jpg
(SS 1/2000)

自分の立つ位置で撮れる写真は変わるので、失敗を繰り返しながら試行錯誤しています。
[PR]

by kazupapa766 | 2010-10-09 17:13 | トンボ | Comments(4)
Commented by hatimitu0415 at 2010-10-09 17:33
kazupapaさん こんにちわ

今日は雨・・でもゆっくりは出来ないでしょうね。

オオキトンボは 南予では見かけないですよね?
こんなにたくさん飛んでいるなんて うらやましい!
SS優先で撮ってみるのですね。
トンボの種類によって SS を変えるのかしら?
私もトンボが撮りたくなりました!

明日 天気になあれ!!
Commented by kazupapa766 at 2010-10-09 21:26
ハチミツさん
1枚目:昼間、真上からの光で白飛び
2,3枚目:順光で翅の色がわかりやすいです。もう少しSSを落としてもいいと思います。
4,5枚目:逆光で水面がデフ板の働きをしています。
Commented by あんちゃん at 2010-10-12 23:54 x
飛翔写真ってほんと難しく感じておりますが、kazzパパさんは待ちピンで撮られるのですか?
なかなかうまくいかないんですよね^^;
Commented by kazupapa766 at 2010-10-13 06:25
あんちゃん
アカネの場合は、打水産卵のものは300mmMFのSS優先です。
打空産卵は、100mmか300mmMFで撮ります。
オオヤマやコヤマトンボなど置きピンで狙うことが多いです。

うちのポイントでは、簡単に撮れますよ~♪


<< 裏の田んぼで      渡り鳥の季節 >>